ガサツな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS これでイイのかねぇ?

<<   作成日時 : 2018/06/29 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 
W杯 グループ・リーグ
日 本 0−1 ポーランド


何だよ、フェアプレー差で勝ち抜けって?


いくら結果が大事とはいえ、試合に勝ったワケじゃなく、


バクチに勝ったんだろ?実際、試合にも負けてるし。


セネガルが、ロスタイムに同点に追い付いたら


ど〜するつもりだったんだろ?


これで、次にベルギーにボコボコにされたら


恥の上塗りだぜ(^^;) この勝ち上がりを評価してるのは、


日本だけだよね?「大事なのは、次に進むこと」っての


理解してるつもりだけど、これでイイのかねぇ?


ま、ベルギー相手にボコられないように、


「日本、ヤルじゃん」ってな試合をしてくれ。


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
これでいいんですよ。
勝負の世界なんだから、試合に負けても次につながれば。

相手も攻めなかったのは、勝てれば十分ということなんだし、日本も前に出て失点を重ねれば「なんで攻めたんだ」と、今回の場合とは比較にならないくらいのブーイングの嵐でしょうから。

なでしこジャパンが来年のW杯出場決めた時も、こんなカンジでしたしねぇ。

W杯って初めて見たのは2002年なんだけど、自陣後方でのパス回しをメキシコがやったのを初めて見て「これもサッカーなんだな」と思ったなぁ。

自分がラグビーを見始めたとき、たしかエディー・ジョーンズさんがヘッドコーチ(監督)兼ゼネラルマネージャーだったサントリーが、試合序盤からペナルティゴールでコツコツと3点ずつ得点するのを「せこいぞ」とヤジるのを聞いて、自分もラグビーならトライで5点取れや。んでもってコンバージョンゴールの2点も確実に決めろや、なんて思ったけど。

でも、確実に勝ち抜くために取った方法なわけだし、バスケットボールやハンドボールのように、ボール保持の制限が厳格というわけではないわけだからねぇ、サッカーは。
いるか12号
2018/06/29 21:42
前回のコメントで言ったAR(暗黙の了解)が、まさかこっちで起こるとは・・・とりあえず、コロンビアとセネガルの方々に土下座します(謝)。

>セネガルが、ロスタイムに同点に追い付いたらど〜するつもりだったんだろ?

3連敗していた場合と同じか、それ以上に非難囂々だったでしょうな。例えじゃなくて、本当に日本に帰れないぐらいの騒動になったかも・・・まあ、それを覚悟でこの作戦を実行した点は、肝が据わっているなぁと素直に思いましたが。ただし、管理人様も指摘されている通り、次のベルギー戦でどのような戦いを見せられるかが一番大事なのではないかと思います。

余談ですが、私の応援チームがJ2に居た時に、今回の日本のように時間稼ぎで試合を終わらせようとしたことがありました(このときは引き分け狙いでしたが)。結果は、ゴールキーパーに決勝点を叩き込まれてJ2残留が確定しました・・・あのときはスタジアムに居たので、引き分け狙いが見えた時点で「ふざけんなよ!そんなんでJ1上がっても通用するのかよ?」と思いましたし、故に現地サポが大ブーイングした気持ちはすごく分かります。今回はTVの前だったので、以外と冷静に「不格好だけど仕方ないのかな」と思っていましたが。
零右衛門
2018/06/29 22:20
あっ、ひとつ忘れていた。

2002年の時、ポルトガルの選手が対戦相手の韓国に引分にしようと試合中に持ちかけたけど…ということがあったらしいです。

その話もあるので、自分は容認派なんす。
いるか12号
2018/06/29 22:28
最後15分、驚きましたね。「日本もこんなマネジメントができるようになったんだ」とね。ブーイングを浴びながら黙々球を回した選手達に、むしろ成長を感じましたよ。

我がフロンタだって、Jリーグの終盤で、落としちゃいけないゲームを取りこぼし、取られちゃいけない点を取られ、何度も苦杯をなめてきたじゃないですか。
でもようやくマネジメントができるチームになって、初めて鹿をひっくり返し、ようやくシャーレを掲げました。それと似た感慨深さを、あの1点差負けに感じましたよ。

>これで、次にベルギーにボコボコにされたら

いや、ボコボコにされるでしょうね。これまで16強で戦ったトルコとパラグアイは、格上とはいえ精々ミドル級のチームでした。しかし今回のベルギーは真のヘビー級です。せいぜいライト級の我らがまともに拳を交えれば、結果は想像できます。
でもこの舞台で、本気のヘビー級のパンチを味わえることこそ大切なんです。予選3位でモヤモヤしたまま去るよりも、思いっきりボコ殴りにされたほうが、後に残るものは大きいんじゃないでしょうか。
ぱんちょれろ
2018/06/29 23:43
モヤモヤしながら、攻めろよ!って思いながら見てましたけど、こういう戦術を日本がやるんだって逆に感心してましたよ。
かなりのリスクがあることは、監督も選手もわかっていましたし、結果次第でどんだけ批難浴びるかも覚悟してたと思いますよ。
でも、ルール上問題ないし、ポーランドも勝ち点3ゲットのために日本の戦術を理解してチャレンジしてこなかったじゃないですか。
「正々堂々と戦って負けろ」もわからない訳じゃないけど、それは精神論であって、大きな意味での『成長』につながらないと思います。
まあ、諦めずに最後まで戦う姿!と見たいとは思いましたけど・・・。
ベスト16以上が目的ですもん、私はこの戦術を選んだ日本を監督を支持しますよ。

ってな訳で、ベルギー戦は「当たって砕けろ」で行くと思います。
W杯で日本の試合がまた見られるって嬉しいじゃないですか!
sirei
2018/06/30 11:11
ベルギー強い!と言っても、クローズアップされるのはFWばかり。
攻撃は水物、チームスポーツである以上、勝機はある。
本田栗雄
2018/07/01 09:20
え〜、皆さん、あの戦い方容認派なんですね。ワタウシは、ど〜しても納得出来んのですよ(^^;)いや、わかってるんですよ、上に行くための手段だっちゅうことは。ただ、ワタクシ、未だにマリーシアも好きになれん人間なんですわ。どうせなら、点取りに行ってカウンターで散った方がスッキリしたと思います。まぁ、それで敗退しても「こういう勝ち方があったのに!」ってマスコミは批判するでしょうけど、一般の方たちはそこまで非難しないと思うんだけどね。甘ちゃんと言われれば、それこそ甘んじて受け入れます(^^;)
TAKA
2018/07/01 16:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
これでイイのかねぇ? ガサツな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる